タンスの引っ越しを格安に

タンスの引っ越しを格安でする方法

タンス 引っ越し

タンス 引越し

箪笥 引越

たんす 引越し

タンス 送りたい

 

意外と大きいタンスは、地域内での移動や建て替えなどの引っ越しのときでも困りものです。

 

自分の車で運ぶのは無理なので、レンタカーでも借りて自力の状況で引っ越ししようか悩みますね。

 

ちょっと待ってください!

 

確かにレンタカーで軽トラックを借りてタンスを運ぶ手配はできますが、らくらくと想像しているかもしれませんが、タンスを一人で運ぶのは重労働です。
大きいのでマンションや戸建ての新居に傷をつけてしまう危険もアリ大変な思いをすることがあります。

 

まずは引っ越し業者一括見積もりサイトで、相場を調べませんか?かんたんな申し込みでお近くの地域の会社や全国対応の引越業者かられんらくをもらえます。

 

レンタカーは1日借りてガソリンを入れて返すと1万円〜1万5千円くらいかかります。

 

小さな転居といっても引っ越し作業を1人でするのは大変なので、誰かにお手伝いを依頼すると考えますね。
そうなるとお昼代、お茶代、お礼などの費用もかかります。
目安として考えていた以上に代金がかかってしまう可能性が起こることも想定しておきましょう。

 

結局お金がかかるのなら、おまかせで引っ越し業者に依頼した方が楽でいいと思いませんか?
一括見積もりすれば、少量の荷物でもたくさんあってもやり方は同じで簡単です。相場はもちろん1番安い業者を探したり、サービスの良いところを探すこともできます。

 

あなたのお住いの地域に対応してくれる業者からの見積もりが、1回で取れる便利なサイトです。

 

ぜひ目安チェックも兼ねて上手にタンス引越しにご活用くださいね!手続きはリストになっているので順番に入力するだけです。無料で価格比較できます。

 

タンス引越しの一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

 

タンスの引越し料金を安くするには

引越の手順を考えて準備しているとどうしても比較見積もりが面倒になってしまったり、時期を逃してしまってキャンペーンをうまく使えなかったりしますね。段取りどおりに進まない場合も多々あるのでチェックリストを作ってポイントを押さえてダンボールの手配や時間割りをして失敗のないように引っ越す準備が必要ですね。

 

これが意外と難しいのです。

 

ホームページをチェックしてもなかなか安くていい引越社を見つけるのは時期や特典比較などをしなくてはいけないので目安だけでも確認したいですね。

 

実は、簡単に費用を比べる方法があって、タンスの引越しの相場もわかってなおかつ安くする方法があります。

 

先程説明した一括見積もりを使うのですが、いくらくらい安くなるのかは見積もりの数によります。たくさん見積もりを取るとその分安くなるわけですから自分の都合のよいタイミングで一度に見積りを取る事が出来るサービスでシミュレーションを複数行うことで引越し料金を安くできます。

 

引っ越しするならインターネットで3サービス取るとかなり料金を節約出来ます。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

引越にはオプションがある

引越し業界のオプションってご存知ですか?個人でもいつまでにするといよいかコツがあります。プランを立てて違いを出しましょう。
例えばタンスだけの荷造り、移動やエアコンの移設やピアノの移動、車やバイクの移動などは有名です。
すぐに単身で運ぶことを評判だけで決めてしまう人がいますが、それでは激安にすることができません。タンスを運ぶときも電話で予約しないで予約の値段の平均をWEBで調査して大手のパックを確認しておきましょう。

 

エアコンの移設

エアコンは10万円前後する高級家電なので新居に持って行きたいと思われる方も少なくありません。しかし室内機と室外機がある上にパイプでつながれているので、簡単に移動できる家電ではありません。
通常は電気会社に連絡して外してもらい、引越し業者に運んでもらった後に新居で再び電気会社につけてもらいます。移設の費用も2〜3万円ほどかかると思います。
この面倒なエアコンの移設があるなら、引越し業者に伝えておけば代わりに手配してくれます。

 

ピアノの運搬

ほかにもピアノは高いものでは100万円以上する高級な楽器です。引越し業者によっては扱わないというところもあるくらい運ぶのに繊細な技術が必要です。ですからピアノの移動が希望であればピアノを専門で運ぶ部署のある引越業者を選ばなければなりません。

 

害虫駆除・不用品廃棄

害虫駆除・不用品の処理なども引越し業者がオプションでやってくれます。
そして今どきだなと思うのが、盗聴器の捜索です。新居のプラグの中に盗聴器が仕掛けられ生活音を盗もうとする悪い人がいます。気持ちのいいものではありませんね。
このようなことのないように、物件に盗聴器が仕掛けられていないか調べてもらうことができます。1人暮らしをされる女性には特に嬉しいオプションではないでしょうか。
タンスだけでもいろいろな引越があることがわかっていると安心ですね。

 

 

手続きはお早めに

 

銀行の口座を変えたり、健康保険、国民年金など引越するにはたくさん変更する書類があります。駐車場の車庫証明も市役所にいって用意したり警察に届けたり。軽自動車ならいりませんが。最短で準備が整うようにスケジュールをしっかりとして経費を抑えるようにしないと後悔してしまう出来事が無いように準備をしましょう。
引っ越しの挨拶もすることになりますし、餞別をもらったときにはその心づけが節約になることもあります。

 

追加料金がかからないように粗大ゴミの日にちを確認してチェックリストにして処分します。いらなくなったタンスは引っ越し業者に頼むのではなく、市役所に連絡してタンスを粗大ごみとして出すと費用を節約して引越することができます。

 

ガスや電気の手続きはしていますか。水道も確認が必要です。もっとも大事なのが転出届です。引越してしまってからでは何かと不便です。転入届を出すときにひつようですので、何日前に行うのか決めておきましょう。タンスを運ぶと疲れるのですが辛い作業は日程を決断して届出をしておけば必要なものもタンスの手配と部屋掃除が一度にできて劇的に変化する環境にも対応できるので風水などで部屋の方位を確認してタンスを配置していきましょう。

 

 

引越しの時期を考える

 

引越しの時期

 

引越しには1年で一番忙しい繁忙期があります。
繁忙期はそうでない通常期に比べて引越し料金が高くなります。

 

タンスだけを移動させたい場合も繁忙期は費用が高いので、別の月に行うのがおすすめです。

 

日本では4月から新学期を迎えます。
受験を勝ち抜いた新大学生や就職活動を頑張った新社会人は3月に新天地にむけて引越しします。
さらに春の人事異動で転勤となったサラリーマンやその家族も3月に一斉に引越しします。

 

繁忙期はほかの月とは比べものにならないほど忙しいのです。

 

もちろん引越し業者はスタッフを増員したり、効率を上げてまわったり努力をしています。
しかし日に寄っては予約が多すぎて手が回らないこともあります。
そういう日は予約をお断りすることも。

 

繁忙期は特に引越し準備が遅いと引越し希望日に業者が見つからないなんてことが本当にあり得るわけです。
3月に引越しするのであれば、新居の住所がわかったらすぐに引越し業者一括見積もりをしましょう。

 

繁忙期でも安い業者高い業者はあります。
見積もりを比較して少しでも安くてサービスの良い業者を探して契約しておきましょう。

 

 

引越しの手順

 

引越し手順

 

引越しにはやらなくてはいけないことが多いですが、だいだいの手順を把握しておくとバタバタしなくていいですよ。
ぜひ一度ご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

いっぱいすることがありますね。しかし、時期が違うので一度にすることはそんなにないのです。

 

引越しのときは早く引越し業者を決めたいところですが、見積もりをするのは新居が決まってからがオススメです。
なぜなら新居の情報も費用に関係するので、その前に見積もりを取っても正確な金額ではないからです。
当日追加料金が発生するようなトラブルはできるだけ避けたいですね。

 

そして引越しの荷物は出来るだけ減らしましょう。
不要品を新居に運び入れるにも費用がかかるからです。
引越し費用を安くするには引越し前にいらないものは処分しておいてくださいね。

 

市外へ引越しする場合は市町村役場に転出届を提出しましょう。
引越し日の2週間前から提出することが可能です。
出し忘れると前の住所に最寄りの市町村役場に戻るか、郵送してもらうなどの手間がかかるので必ず引越し前に出しましょう。

 

電気・ガス・水道は引越しする日まで現住所で使えるようにしてもらって、翌日からは止めてもらうように連絡します。
それまでに使った電気・ガス・水道料金は日割りにして計算してくれます。
精算方法は会社によって異なるので確認してください。
ガスは大元のガス栓を止める作業が立ちあいで必要な場合もあるので、早めに連絡してくださいね。

 

郵便物が新居に届かないのは不便ですね。
郵便局で転送届を提出すれば、1年間は新居に郵送してくれます。
その間に引越しハガキやメールで友人知人に連絡しておきましょう。

 

引越し日はほとんど引越し業者にお任せです。
大事なもの、壊れたら困るもの、貴重品などは自分で運んでくださいね。
あらかじめ大きな家具の置き場所を決めて、引越し業者にメモを渡しておくといいですね。

 

市外引越しの場合は新居に最寄りの市町村役場に転入届を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に転居届けを提出します。

 

最後に免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険など大事な書類の住所変更を行います。
免許証やパスポーとなどは身分証になりますので、早めに警察署に行ってください。
印鑑や住所を変更したことがわかる書類が必要な場合がありますので、手続きに何が必要か確認しましょう。

 

 

引越し業者を比較する

 

引越し業者を比較

 

引越し料金は単身引越しで3〜6万円、カップルの引越しで6〜10万円、ファミリーの引越しで6.5〜16万円くらいが相場です。
引越しの時期や業者によってかなり料金に差があります。

 

引越し業者を選ぶ時には、だいたい6社程度から見積もりが欲しいところです。
比較をしないと自分自身の引越し費用の相場は分かりませんし、一番安い業者も見えないからです。

 

そして引越し費用は1年中いつでも同じ価格というわけではないのです。

 

前にA社で東京から大阪への引越しを依頼してよかったので、今度も大阪から東京への引越しをA社に依頼したところ、金額がかなり違って驚いたということもあります。

 

引越し業者には繁忙期があり、この時期はどこの引越し業者も費用が高めに設定しています。

 

アルバイトのスタッフを増員したり残業を増やしてこの時期を乗り越えないと、仕事が終わらないことがあるからです。
ですから引越し業者を決める際は、できるだけ多くの引越し業者からの見積もりが欲しいのです。

 

但し業者を選ぶ際に注意しなければいけないことは、見積もりのトータル金額だけを見ないことです。
ちゃんとどのような項目があるのかサービスの内容もしっかり確認しましょう。

 

ダンボールの数、建物の保護、玄関から運び出せない大きな家具の吊り上げ費用など気になる項目も比較してください。
当日追加料金が発生して、見積もりよりもかなり高くついたなんてことのないようにしたいですね。

 

 

 

 

冷蔵庫 搬送 大型 家具 配送